おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


通訳ガイド - 試験と合格後の仕事について


梅雨だけどあまり雨が降らなくて、夏のようだなあと思っていたら、去年の夏、8月31日に通訳ガイドの1次試験(筆記試験)を受けたのを思い出しました。英語は免除で、一般常識、日本地理、日本歴史の3科目を受けました。このブログにも、試験のことを少し書いていました。それを見ると、5月頃から準備を始めていたようです。ちなみに今日は、今年の試験の願書締切日でしたが、今年受験する人は、これからが勉強の山場ですね。

私は、まず最初に日本政府観光局(JNTO)のサイトにある過去問題を解いて答え合わせをしてみた結果、「これは厳しいなあ」と思いながら、2か月半あればなんとかなるかも・・・とも思い、対策を考えながら独学で勉強しました。

日本地理は、前にハロー通訳アカデミーに行っていたことのある人から教材の地図帳をもらって内容を暗記しました。山脈や岬や洞窟、川や湖、湾や灘や海峡、景勝地など、テーマ別に有名どころを示した白地図です。これは役に立ちました。覚えた内容で、ちゃんと点も取れました。温泉の地図はなかったのですが、もしあったら、さらに良かったかもしれません。

日本史は、知識が乏しいことは十分わかっていたので、本を2冊買いました。本の最初から順番に、歴史の流れに沿って同時に読み比べながら、重要事項や試験に出そうな内容を覚えるように心がけました。通訳案内士試験の歴史試験で問われる内容は、政治史もありますが、文化史や宗教史の比率が少し多めなので、その辺に比重を置く必要があると思います。

試験直前の頃には、仏教の各宗派の本山やそれに次ぐような寺、有名な仏像のある寺とその仏像などの写真などをチェックしました。文化人も含めた歴史上の人物の肖像画なども要チェックです。美術作品を見て作者や作品名を覚える必要もあります。文学作品の作者と内容も、概要を知っておかなければなりません。何と言っても、日本史は中学生のとき以来だった(高校では取らなかった)ので、しんどかったです。

ちなみに一般常識は何も対策をしませんでした。産業、政治、経済、文化に関する一般常識ということですが、対策講座を開いているスクールなどでは、何を勉強すればいいかという方向付けになるような知識が得られるかもしれませんね。

受験後は「これはだめかなあ・・・」と、かなり不安でしたが、11月頃に合格通知が届きました。1次試験の結果通知から2次の語学面接試験までの間って、1か月もないんですよ。面接に不安がある人には、つらいですよね。もちろん私も不安でした。面接試験のときにさらに不安になったのは、ほとんどの男性はスーツ姿だったのに、自分はそういう服装をするということをまったく思いつかず、ジーンズで行ったことでした。

それでもまあ、結局は面接もクリアできて、1回の受験だけで資格を得ることができました。1月末頃に最終の合格証書が届き、都道府県の担当部署へ行って通訳案内士登録をするようにという案内もありましたが、延び延びになって、ようやく今月の初めに手続きをして、運転免許証を少しちゃちにしたような登録証(失礼ですね、すみません!)をもらいました。

問題は、これから、この資格を使って何をするかです。旅行会社に応募したり営業をかけたりするつもりは、あまりありません。インターネットなどで「こんなツアーやります」みたいに宣伝してやってみたい気は少ししますが、まだ漠然と考えているだけです。他の有資格者と少人数で組んで何かしてみるのもいいかなあと思ったりします(と言っても、まだ誰も知っている人はいません・・・)。ガイド技術の研修などをしている業界団体もあるようですが、ネットで見たところ、費用が高そうだったので、参加していません。とりあえずはあせらず、何か面白そうなことを考えて、そのうち実行に移してみたいです。
スポンサーサイト


通訳ガイド試験を受けました


行って来ました。初めての「通訳案内士試験」。試験は難しくて、終わった後はうちひしがれた気分でした。

会場の同志社大学京田辺キャパスまでは電車が一本だったのはいいけど、初めて行く同キャンパスは、JR同志社前駅から、約10分間の上り坂があります。歩道では、試験対策の講座をやっている学校などの人たちが、いろんなチラシを配っていました。炎天下だったので歩くのに結構疲れて、キャンパスに着いた後は、ベンチに座ってお茶を飲んで休みました。

試験(私の場合、英語は免除です)は、日本地理、日本史、一般常識とも、各40分間です。あっという間だけど、回答するのに足りないことはありませんでした。養成校がネットで発表した解答速報(ここここ)を見て自己採点した結果は、以下の通りです。

日本地理:76点
日本史:53点
一般常識:82点
(合計:211点)

やっぱり、この前書いた通り、日本史が一番だめでした。これでも日本史は結構対策をしたつもりでした。もし、勉強してなかったら、30点ぐらいだっただろうと思います。「あんな細かい日本史の質問、外国人観光客がするか??」と文句を言いたくなりますが、中にはする人もいるのかもしれません。

あるサイトによると、合格点は合計点200前後で、各科目別に70点前後とあります。詳しい合否判定方法は知りませんが、私のような場合は、合計点はまあまあでも、日本史が悪いから日本史だけ来年やり直せという判定になるのではないかと思います・・・。(と思っていて、もし合格していたら、二次試験対策で慌てるかもしれませんが・・・)

tenacity / 通訳ガイド試験 / マイバック


--------------------------------------------------
tenacity

アメリカの民主党の大統領候補予備選挙がすべて終わってオバマ氏の勝利が確定したときに、共和党の大統領候補のマケイン氏は、演説の中で、オバマ氏と闘ってきたヒラリー・クリントン氏について、「粘り強さ」(tenacity)に敬意を表するというような言い方をしました。

tenacious(ねばり強い、執拗な)という言葉は、かろうじて知っていましたが、その名詞形が tenacity(テナシティ) であることは思いもよりませんでした。でも、tenacious を知っていたおかげで、tenacity も聞いてすぐに分かりました。

If you have tenacity, you are very determined and do not give up easily.(コウビルド英英辞典より) 

◇Talent, hard work and sheer tenacity are all crucial to career success. 才能と努力と決してあきらめない粘り強さは、いずれも仕事で成功するために重要だ。

--------------------------------------------------
通訳ガイド試験

しばらく前から、通称「通訳ガイド試験」を受けようかどうか迷っていて、まだ申し込んでいないのですが、「英検1級所持者は英語試験は免除される」ということを知りませんでした(参考)。「なんだ、そうなのか!それならだいぶん楽だ」という感じです。1次試験の残る受験科目は「日本地理」「日本歴史」「一般常識」の選択回答式の試験だけになります。8月始めまでは大きな翻訳の仕事があって忙しいのですが、英語試験対策をしなくてよいとなると、なんとかすきまの時間を利用して、これらの勉強をできるかもしれないと思い始めています。

英検1級以外には通訳案内士の資格保持者も語学筆記試験は免除されます。また、旅行業務取扱管理者試験の合格者は日本地理を、歴史能力検定の日本史1級または日本史2級の合格者は日本史の試験を免除されるそうです。試験の一部を免除される人は、それだけ楽になるわけだから、興味があるのなら挑戦してみるのもいいと思います。

--------------------------------------------------
マイバック

最近、「マイバック」という表記をよく見かけます。これは、my bag ではなく my back、すなわち「私の背中」以外のなにものでもない!・・・と突っ込みたくなります。マイバックなら、いつもスーパーやコンビニに持参しています。背中のない人はいないから、買い物の際のマイバックの持参率は、日本に限らず世界中ですでに100%に達していることになります。(マイバッグの持参率は知りませんが・・・)

bag をバック、bed をベット、cupid をキューピットというのは、日本語のくせというか特徴の1つです。語尾が濁音だと発音するのがしんどいからです。でも、いまどき、「マイバック」という言葉がこんなに使われるだろうとは思っていませんでした。ティーバッグのことをティーバックと言う人(「ティーバック50個入りのを買った」など)がいたら、突っ込んでみてください。

マイバックやマイカーやマイブームやマイボールなどの「マイ」も、突っ込みたくなる部分です。「マイバッグを持参しましょう」は、英訳するなら Bring your own bag. で、my bag という言葉は使えません。そういえば、ホームパーティーの告知で BYOB(Bring Your Own Beer)というのがあります(Beer の部分は、booze や bottle でもOK)が、Bring your own bag. も、略したらBYOBになりますね。

--------------------------------------------------


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。