おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

もうすぐ読了 - White Tiger


毎晩寝る前に少しずつ読み進めてきた The White Tiger が、終わりに近づいてきました。昨日、片道1時間半の場所まで電車で行く用事があり、電車の中と、行った先でも読む時間があったので、一気に読み進めることができました。

The White Tiger の主人公はインドの貧しい村の出身で、金持ちの家の運転手兼使用人になります。・・・と書くと簡単そうですが、運転を習って運転手になるというだけでも、非常に多くのハードルを乗り越えなければなりません。

インドは貧富の差が激しいことや、汚職が横行していることや、古い階級制度のカーストの影響が今でも残っていること、言葉や宗教が異なるいろんな民族が住んでいることなどは、普段は情報としては知っていても、あまり自分には関係ないし、これを読み始めるまでは、ほとんど想像することもありませんでした。それが、主人公に感情移入して読み進めていくなかで、これでもかというぐらいに強く意識させられて、暗い気持ちにもなり、憤りも感じました。

それでもどんどん読み進められるのは、主人公が雇い主を殺すことが早い段階から分かっていて、それをいつ、どのようにするのかというスリルがあるからです。読み進めさせる仕掛けを用意しておいて、その過程でインドの現状を繰り返し鮮明に読者の心に植え付けていくあたりは、さすがに賞を取った小説だけのことはあるなあと感じています。

後半は、いくつか出てきた分からない単語も調べないまま一気に読み進めましたが、中ほどあたりで調べた単語には、鶏や小動物を入れる小屋おりかごという意味の coop(発音はクープ)や、vitiligo=「白斑」(皮膚病の一種)などがありました。

以下、コウビルド英英辞典 から引用します。

1. A coop is a cage where you keep small animals or birds such as chickens and rabbits.

2. If you say that someone has flown the coop, you mean that they have left a place or situation that limits their freedom.

上の 2 は、fly the coop というイディオムの説明です。英和辞典には「脱獄する」「逃亡する」「ずらかる」とありました。ただ、The White Tiger を読み進めてきた今、この説明を見ると、「自由を制限する場所や状況から抜け出すこと」というところが、まさにこの小説の筋書きそのものなので、妙に感慨深いです。


最近読み始めた本(The White Tiger)


今日は、最近読み始めた本を紹介します。

題名は The White Tiger で、著者は Aravind Adiga という人です。確か2~3年前に、カナダに帰国する直前の英語講師からもらっていた本です。もらったときに冒頭の数ページだけ読んで、あとは本棚の肥やしになっていました。

それを再び手に取ったきっかけは、少し前にテレビで映画『スラムドッグ・ミリオネア』を見たからです。スラムドッグ・ミリオネアの方は、あまり集中して見ていなかったせいかもしれませんが、「まあまあ楽しめる程度」という印象でしたが、後になって、「そういえば、確かあの本もインドが舞台で、共通する部分があったような気がする・・・」ということで思い出したのが、この The White Tiger でした。

共通点は、主人公が、インドで貧しい生活をしながらも、けなげに努力して成長してきた男性であるということです。The White Tiger は、インドを訪問する予定の中国の首相に対して、貧しい出自から起業家として成功したという主人公が書く手紙の形式になっています。読み進めていく内に、主人公のこれまでの波瀾万丈の人生が明らかになってきて、だんだん引き込まれてきました。

インド関連でもう1つ、思い出した本があります。『女盗賊プーラン』 (翻訳: 武者圭子)です。これは日本語で読みました。読んだのは15年ぐらい前で、ちょうど技術翻訳、ビジネス翻訳の仕事を始めようとしていた頃でした。当時は、いつかはノンフィクション分野の文芸翻訳もやりたいと思っていて、日本語の文章力を向上させるために、同じく武者圭子さん翻訳の 『ファザー・グース』 などから、良いと思った日本語の文章表現を抽出して集めたりしていたのを思い出します。

読書といえば、昨年秋頃に『あらいぐまラスカル』の英語の原作を読んでいることを書きましたが、実は途中で止まってしまいました。今回の The White Tiger は、寝る前に布団の中で10~20分程度読むパターンが最後まで続きそうです。辞書を引くのがおっくうで、分からないまま「読み流して」いる単語があるのが、せっかくの勉強のチャンスなのにもったいないと感じています。

高慢と偏見 - 「誤解していた・・・」


前回は昨年末だったので、ずいぶん時間が空いてしまいましたが、久しぶりに『高慢と偏見』をネタにしたいと思います。

前回は、エリザベスが新婚の友人シャーロットの家に滞在していたときにダーシーから求婚され、腹を立てて断ったところまででした。その後、彼女は、ダーシーから、ウィッカムの件や、姉のジェーンとビングリーの間の恋をじゃました件について、釈明の手紙を受け取ってショックを受け、混乱します。ショックはやがて和らぎ、自分の思い込みにもだんだん気が付いて反省しますが、それでも、いずれにせよ、ダーシーにはもう会いたくないことに変わりはありません。

シャーロットの家から自宅に戻り、妹たちや母親の品のなさを実感しますが、今度はしばらくすると、叔父と叔母であるガーディナー夫妻と旅行することになります。旅行先にはダーシーの邸宅の近くも含まれるのですが、主人であるダーシーが留守というのを聞いて、邸宅を訪問することに合意します。

叔母たちは邸宅の手入れの良さや趣味をほめ、エリザベスは、自分がここの夫人になることもできたのだ・・・と後悔のような気持ちも少しだけ抱きます。邸宅内では、召使いに案内されますが、召使いは主人であるダーシーのことを、素晴らしい人物だとほめちぎります。エリザベスは、召使いの言葉を最初はあまり信じませんが、だんだん、やっぱりいい人なのかも・・・という気がしてきます。

家の中を見終わって、庭を見ようとしたときに、翌日まで戻ってこないはずのダーシーが帰ってくるのに出くわします。二人は最初、非常にぎこちない気持ちになりますが、ダーシーは礼儀正しくふるまいます。エリザベス一行とダーシーはいったん別れますが、あとでダーシーはまた戻ってきて、エリザベスにガーディナー夫妻を紹介してもらい、会話を交わします。

ダーシーに好印象を抱いたガーディナー夫妻は、邸宅を後にするときの馬車の中で、それまでエリザベスが彼の悪口を言っていたことについて、なんでそんな風に悪口を言っていたのか尋ねます。エリザベスは、いろいろ言い訳をしますが、そのうちの1つが、ウィッカムの件で悪いのはダーシーの方だと思い込んでいたからだと説明します。

She then felt it her duty to tell them, in as careful a manner as she could, that she believed herself to have been mistaken in thinking that he had been at fault in his treatment of Wickham.

エリザベスが彼らに慎重に伝えなければならないと思ったのは、「ダーシーのウィッカムに対する扱いはひどいと思っていたが、それは彼女自身の間違った思い込みだったと今は感じている」・・・ということです。 

be mistaken は、受動態のように見えるので「人から誤解される」と思いがちですが、そうではなくて、この英文にあるように、「誤解する」「間違っている」という意味である場合もよくあります。この be mistaken の使い方は、mistake という動詞の受動態と考えるのではなく、mistaken(間違っている)という形容詞の前に be がついて、その前に、主体である人物を表す主語があると考える必要があります。これによって、「(誰かが)間違っている」という意味を表します。

このことの直接の説明ではありませんが、以下の説明も少し参考になると思います。

You use expressions such as if I'm not mistaken and unless I'm very much mistaken as a polite way of emphasizing the statement you are making, especially when you are confident that it is correct. (コウビルド英英辞典より)

これは「もし間違っていなければ」という言葉の説明ですが、この言葉を使うのが「自分が正しいことに自信があるとき」と説明されているのは、ちょっと意外でした。絶対に自信があるのなら、そんなことは言わなくても良さそうな気がするからなのですが、逆に自信がほとんどないときにもそういう言い方はしないから、まあ、とりあえず納得はできます。

be mistaken の一番簡単な使い方の1つは、Am I mistaken? (私は間違っていますか?)です。


プロフィール

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索