おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

Creep


最近、creep という言葉にいろんなところで出会っています。といっても、creep 呼ばわりされたわけではないので、その点はほっとしています。

If you describe someone as a creep, you mean that you dislike them a great deal, especially because they are insincere and flatter people.(コウビルド英英辞典より)  

英和辞典には、「(陰気で)いやなやつ」とか「つまらぬ男」、「こびへつらう人」、「ごますり男」、「変態男」、「性犯罪者」などの訳が出ています。

以下は、普段はいろんな男と簡単に寝ているエレインが、「運命の人かも」と思って気合いを入れてデートをしたら、相手の男は、実は、エレインとなら初デートで寝ることができるだろうと別の男から聞いてやってきたのだった・・・ということを話したときの、アリーの反応です。「ってことは、スケベ男じゃない。運命の人ではないわね」という感じでしょうか。

Elaine: The date went great. It's the first guy I've been with in a really long time, where I actually thought, you know...
Ally: He was a "maybe"?
Elaine: Yeah. Well, it turns out he went out with me because somebody else I went out with told him he'd get laid on the first date.
Ally: He's a creep, then not a "maybe."

creep
 
あとは、以下の歌です。自分で自分のことを creep だとか weirdo だとかいうのをこんな風に語っているこの歌詞は、相当な劣等感の持ち主という感じがして、痛々しいです。もともとは、Radioheadというバンドの曲のようです。

Creep by The Pretenders

creep と発音が同じなため、英語のネイティブスピーカーに評判の悪い Creap は、もしかしたら、cream と、「刈り取る」という意味の reap を組み合わせて作った名前なのかなあと思ったりします。

中身はただの人間


The Pretenders が1999年に出した Human という曲です。もともとは、Divinyls というバンドの曲だったようです。この映像は、最初見たときはちょっとこわかったですが、何度も見ているとかっこいいなあと思えてきました。

I play a good game but not as good as you.
駆け引きは得意だけど、あなたほどではないわ
I can be a little cold, but you can be so cruel
私も少しは冷たくできるけど、あなたはとても残酷になれる
Im not made of brick, Im not made of stone
私はレンガでできてるわけでもなく、石でできているのでもない
But I had you fooled enough to take me on
それでもあなたをうまくだまして、気を引くことに成功した
If love was a war, its you who has won
愛が戦いだとしたら、勝ったのはあなた
While I was confessing it, you held your tongue
私が告白したとき、あなたは口を開かなかった

Now the damage is done.../そして傷はつけられた
Well theres blood in these veins/私の血管には血が流れているし
And I cry when in pain/痛みを感じれば涙も流す
Im only human on the inside/私だって中身はただの人間だから
And if looks can deceive /人は見かけによらないとしたら
Make it hard to believe/信じにくいかもしれないけど 
Im only human on the inside/私だって中身はただの人間 


歌詞のつづきは、こちらでどうぞ。また、オリジナルのDivinylsのビデオは、こちらにあります。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索