おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

マリオンとマリーのノルウェー紹介


2003年頃までデュオとして活動していたノルウェー出身のM2Mが、フロリダのディズニーワールドにあるEpcotセンターの中のノルウェーパビリオンで、自分たちのことやノルウェーのことを話しています。2000年頃の映像のようです。

M2Mというデュオ名は、ネット上で公募して選んだと言っています。マリオンとマリーでどちらも頭文字がMだから、ちょうどいい名前だったということです。

民族衣装を着て紹介していますが、2人ともそれぞれ実際に、confirmation のときに民族衣装をもらったと言っていますね。confirmation は、おそらく、キリスト教の「堅信式」と呼ばれる信仰確認の儀式のことだと思います。洗礼より後に、少なくとも物事が分かる年になってから、キリスト教の教義を勉強したあとで行われる儀式です。


北欧神話で洞窟や山に住むと伝えられている troll というのは、これを見て初めて知りました。北欧神話のキャラクターといえば、バルキューレ(Valkyrie)という女戦士がいるというのをしばらく前に知ったばかりですが、他にもいろいろなキャラクターがいそうですね。(Valkyrieは、映画『ワルキューレ』を見た後で、ワルキューレって何のことだろうかと思って調べたときに知りました)。

In Scandinavian mythology, trolls are creatures who look like ugly people. They live in caves or on mountains and steal children. (コウビルド英英辞典より)

子供をさらうとありますが、マリオンが言っているように、大人が子供たちに、「トロールにさらわれて食べられちゃうぞ」とか言ったりするんでしょうね。

※過去の記事から※
♪M2Mの"Everything You Do" 
♪Marit Larsenの"Under the Surface"と替え歌 
♪Marion Ravenの"Crawl"

the writing is on the wall


貼り付けた動画は、Marion Raven の曲、"Crawl" です。マリオンは、ちょっと前に紹介したマリー・ラーセンとともに、M2M というコンビを組んでいました。動画の最初の体操のようなサーカスのようなアクロバットは、ちょっと驚きました。運動ができて音楽もできるとは、恵まれてるなあ・・・と思います。

歌詞はこちらにありますが、サビの部分の The writings on the wall は、歌詞を見るまで、何度聞いても全然聞き取れず分かりませんでした。the writing on the wall とは、「不吉な前兆」という意味です。see the writing on the wall か、the writing is on the wall という形で使われることが多いです。

see the (hand)writing on the wall
to know that something is about to happen. (THE FREE DICTIONARY より)

the writing is on the wall
if the writing is on the wall for a person or an organization, it is clear that they will fail or be unable to continue

If you say that the writing is on the wall, you mean that there are clear signs that a situation is going to become very difficult or unpleasant. (コウビルド英英辞典より)

この歌は、歌詞を見ていると、信じていた恋人に実はだまされていて、そのことに気がついて去っていくときの捨て台詞のように思えます。「私は去っていくけど、その前に、あなたに不吉な印が出ていることを知らせておこうと思ったの」という感じでしょうか。


the writing on the wall の由来は聖書にあって、傲慢で堕落した王の宴の席で、突如として空中に指が現れて壁に文字を書いたという話に基づいています。王は文字の意味を知りたがり、ダニエルという男に謎解きをさせます。ダニエルは「神があなたの治世の長さを数え、あなたを不十分と判定し、あなたの王国を二分すると決めた」という意味だと言い、王からほうびをもらいます。しかしその夜、王は死んでしまいます。

壁に文字が書かれたときには、もう遅いということですね。それまでに悔い改めるべきだったということです。歌の主人公の女性を甘く見ていた男は、遅すぎた後悔をすることになるのかもしれませんね。

この曲をダウンロード購入 → Marion Raven - Here I Am - Crawl

ソファーの下にストーカーが!


ノルウェー出身で、かつてマリオン・レイヴンとともに、M2Mというコンビを組んでいたマリー・ラーセンのUnder the Surface という歌の替え歌です。

主人公は女ストーカーで、タイトルは、Under the Sofa です。私は、こっちの方が、歌詞が聴き取りやすいです。死にそうなほど嫉妬して、外出禁止が解かれたらあなたの家のドアのところに行ってあなたの名前を叫び、あなたのお母さんに電話してあなたがどこにいるのかを聞き、あなたの家に1日に10回行ってあなたの今の恋人を怖がらせ、店で買ったナイフであなたのペットを殺して首を郵便受けに入れ、ソファーの下で拾ったあなたの髪の毛で編んだセーターばかりを着続け、・・・・と続いています。


以下は、元々の歌と歌詞です。





※関連 M2M - Everything You Do


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索