おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

♪ 聞き比べ - Stand by Your Man


1968年に Tammy Wynette がオリジナルを歌ってヒットさせた Stand by Your Man という曲の、いろんな人のバージョンを集めてみました。

まず、私がこの曲を最初に知ったきっかけは、以下の Martina McBride のアルバム Timeless でした。


次の Kristy Lee Cook のカバー版は、私が2年前から使っているネットの音楽サービス、last.fm から流れてきて、知りました。


ところで、この曲の歌詞はそれほど聞き取りにくくないと思うのですが、今回紹介するのに合わせてあらためて確認してみたら、自分ではちゃんと聞けていなかった部分がありました。以下で確認できます。歌はオリジナルの、Tammy Wynette です。


こうなってくると、やはりオリジナルの Tammy 本人の映像も見たくなってきます。検索するといろいろありましたが、以下を貼り付けておきます。


Wikipediaのこの曲に関する記事(こちら)によると、女が男に従属するような歌詞であるとして、フェミニズム運動の非難の標的にもなったそうです。そして、今の国務長官のヒラリー・クリントンはかつて、自分のことを "wasn't some little woman 'standing by my man' like Tammy Wynette."(タミー・ウィネットみたいに「夫を支える」だけの女ではなかった)と言ったことがあるそうです。stand by は、「横に立つ」の意味の場合もありますが、このクリントン氏の発言や、またこの歌の中にあるように、「支えになる」、「応援する」、「味方になる」という意味や、「スタンバイする」、「備えておく」の意味でイディオムとして使われる場合の方が多いです。  

さて、今回、聞き比べの記事を書こうと思った一番のきっかけは、以下の Candi Staton 版を知ったことでした。Candi がカバーしたのは1971年だったそうです。実は最近、女性のソウルミュージックのシンガーで、いずれも1960年代ごろから活躍しているこの人と、Gladys Knight と、先日紹介した Mavis Staples に、はまっています。





最後にもう1つ、Carrie Underwood 版を貼り付けておきます。今回紹介する中では一番ゆったりした感じの歌と演奏ですが、これもいいですね。


上でも触れた Wikipedia の記事によると、映画のブルース・ブラザース、スリープレス・イン・シアトル、フォー・ウェディングス・アンド・ア・フュネラルの中にこの曲が出てきているようです。どれも見たことはあったはずですが、まったく知りませんでした!

♪ Unchained Melody


この曲(Unchained Melody)を聞くと、デミ・ムーアが出演していた映画 Ghost の中で、ろくろを回すシーンに使われていたのを思い出します。

もともと誰が最初に歌った曲なのか気になって Wikipedia で調べてみたら、1955年に他の映画の中の挿入歌として歌われたのが最初だそうで、世界の百以上の言語に訳されて500以上のバージョンがあるとのことでした。

いろんな人が歌っている中で、私は以下の Kristy Lee Cook が歌っているのが好きです。


歌詞を見ながら聞けるバージョンを探してみたら、以下の Carrie Underwood 版がありました。どうやら、アメリカン・アイドルに出るよりも前の、十代前半の頃に録音したもののようです。



「アイドル」たちのアイドル


最近、新たに好きになっていた女性歌手の多くが、オーディション番組『アメリカン・アイドル』の出身者だということに気がつき始めました。そこで、彼女たちがアメリカン・アイドルに出ていた頃の映像を探して見てみたら、また気がついたことがありました。

それは、彼女たちの多くが好きな歌手として Martina McBride の名前を挙げ、彼女の曲を番組内で歌っているということです。私は Martina の大ファンなので、彼女にあこがれて歌手になろうという人たちの歌も好きになって当然かもしれないなあ・・・と思っています。


上の映像ですが、まず、Carrie Underwood です。1:17あたりからの会話で、一番好きな歌手はマルティナ・マクブライドだと言っています。


Kellie Pickler です。2曲目に、Martina の曲、Broken Wing を歌っています。ちなみに、ケリーに関しては以下を紹介したことがありました → インタビュー"Rocks Instead of Rice""Best Days of Your Life""小学5年生と勝負"


Kristy Lee Cook です。最初の部分で、Martina の曲、Anyway を選んだことについて語っています。Anywayは、私も聞くたびに感動して勇気づけられる曲です。この人のアイドル後の曲では、少し前に "15 Minutes of Shame" を紹介したことがありました。


Jordin Sparks です。Martina の曲、Broken Wing を歌っています。Martina 本人に歌を聞いてもらっている場面が出てきています。ジョーダンが歌い終えたあとの審査員の最初のコメントは、「オリジナル(マルティナ)の段階で完成度の高い歌い方がされているから、チャレンジするのがとても難しい曲だ」という意味だと思います。

マルティナ・マクブライドは、こうして若い世代の歌手たちの目標やあこがれになっているのを見ると、やっぱり女性カントリーシンガーのスーパースターなんだなあと思います。

★これまでに紹介した Martina McBride の曲やインタビューなど★
You Ain't Woman Enough
チーズ入りマニコッティ
I just call you mine
Independence Day
Where Would You Be
Broken Wing
Concrete Angel
In My Daughter's Eye
RIDE 
How Far
This One's For The Girls
Anyway
God's Will 
インタビュー


プロフィール

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索