おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ユーロビジョン2010決勝


日曜日(5月30日)の早朝、ユーロビジョン・ソングコンテストの決勝のインターネット中継を見ました。

準決勝の直前に書いた内容の中では、スウェーデンが決勝に進むという予想が外れました。アイルランドは予想通り決勝には進みましたが、決勝での順位は25か国中23位でした。個人的に好きだと書いたオランダは決勝には行けず、面白いかも・・・と書いたドイツは、ダントツで優勝しました(→順位は公式サイトでどうぞ)。

以下は優勝したドイツの Lena です。他の参加国と比べた曲の個性と、あとは若さとかわいさで勝った感じでしょうか。



次↓は2位のトルコです。maNgaというバンドの We Could Be The Same という曲です。



以下↓は、3位ルーマニアの Paula Seling & Ovi の "Playing With Fire" です。
私はこれが結構好きです。



4、5、6位も良かったですが割愛して、以下は7位アルメニアの Eva Rivas です。
曲は Apricot Stone です。アプリコットや梅や桃などの1粒種は、stone と言います。



↓ポルトガルの Filipa Azevedo(曲は Há Dias Assim)も、好きでした(18位でした)。


この決勝の数日前に、イギリス人講師にユーロビジョンを知っているか聞いてみたら、知っていました。イギリスは優勝回数も少なく、これに出なくても超有名な歌手やバンドがいくらでもいるので、盛り上がらないのかと思っていたら、そうでもないようです。ヨーロッパ各地からの移民なども多くて、祖国を応援したりするだろうから、楽しむ人は多いんでしょうね。ちなみに上に貼り付けたのも、コンテストの主催団体のYouTubeチャンネルからではなく、BBCの動画です。
スポンサーサイト


ユーロビジョン2010


ヨーロッパの各国が音楽の代表を出し合ってパフォーマンスを競う「ユーロビジョン・ソングコンテスト」は、今年は5月25日と27日の2回の準決勝と、29日の決勝というスケジュールで行われます。

このコンテストは50年以上の歴史がありますが(参照: Wikipedia)、私は去年初めて知り、決勝をインターネットのストリーミングで見ました。今回は事前に日程をチェックできたので、どの国のどんな出場者が準決勝を通過するのかというところから、楽しみにしています。

以下は、フィンランド代表の2人組、クンクイスカーヤット(?)のインタビューです。最初の「自己紹介して頂けますか?」「はい、できますよ。もちろん」「・・・ ・・・ ・・・ じゃあ、自己紹介お願いします」というやり取りがいいですね。途中では、よく運動してよく眠ってよく食べ、porridge(オートミールなどのおかゆ)が好きだと言っています。

Porridge is a thick sticky food made from oats cooked in water or milk and eaten hot, especially for breakfast. (コウビルド英英辞典より)


公式サイトでは、出場者全員の参加曲を動画で見ることができます(準決1準決2決勝)。2回の準決勝では、それぞれ上位10組ずつが選ばれて、すでに決勝出場が決まっている5組と合流して25組で決勝を行うようです。準決でも決勝でも、順位は、参加国の一般視聴者と審査員の投票によって決まります。

私の素人予想で上位に行くのではないかと思う女性の歌手では、スウェーデンの Anna Bergendahl やアイルランドの Niamh Kavanagh がいます。オランダの Sieneke は、親しみやすくて楽しい感じが好きです。ドイツの Lena も、ちょっと面白い感じです。私は男性はあまり興味がなくてチェックできていないのですが、興味のある人はチェックしてみてください。

※関連記事 → ユーロビジョン2009


ユーロビジョン2009


ユーロビジョン・ソングコンテストの決勝がインターネット中継されると知り、早朝から見てました。全部見るのに、2時間ぐらいかかりました。

この音楽祭はヨーロッパで年に1回開催され、各国代表の歌手やバンドがパフォーマンスを競い合い、投票によって優勝国を決めるというものです。今回私は、一昨日から公式サイトにアクセスして、準決勝(12)に出場した37か国のビデオも事前に見ていましたが、面白かったです。

優勝したノルウェーは、外人のカワイイ男の子が好き・・・とかいう日本人の女性にも受けそうですね。それぞれ個性のあるアーティストばかりでしたが、個人的には、異国情緒と躍動感のあるタイプに惹かれました。



↑優勝したノルウェーのAlexander Rybak



↑(2位)アイスランドのYohanna



↑(3位)アゼルバイジャンのAySel & Arash



↑トルコのHadise。確か4位か5位ぐらい。
♪Can you feel the rhythm in my heart - The beat’s going Düm Tek Tek! 



↑モルドバのNelly Ciobanu。個人的には、こういうのが面白かったです。
なんかすごいと思いませんか?へっへーい、はらほらはらほら!



↑エストニアのUrban Symphony。結構人気があって、上位に来てました。
ボーカル、佐藤江梨子かと思いました・・・。



↑モンテネグロのAndrea Demirovic
♪出てって、出てって、私の頭から、♪出てって、出てって、私のベッドから・・・



↑アルメニアのInga & Anush
♪Everbody, move your body! We are dancing NOR PAR!



↑ボスニア・ヘルツェゴビナのRegina



↑フィンランドのWaldo's People




プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。