おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


縄張り争い(turf war)


以下は、ドラマ 『クローザー』(シーズン1/第11話)の中の一場面です。ロサンゼルス市警が捜査を始めた殺人事件に対して、FBIが首を突っ込もうとしているのですが、その双方の担当者を前にして、間を取り持とうとしているところです。

以下のセリフの前に一言、Well, we all know the FBI likes to push people around.(まあ、FBI が人を振り回すのが好きなことは誰もが知っているが・・・)と言ってから、「ここでは 縄張り争い(turf war) はやめてほしい。まずは話し合ってみようじゃないか」・・・という感じで話しかけています。


以下、THE FREE DICTIONARY から引用します。

turf war
1. a dispute between criminals or gangs over the right to operate within a particular area
2. any dispute in which one party seeks to obtain increased rights or influence


1の説明は、まさに実際の支配地をめぐってギャングや暴力団の間で起きる縄張り争いです。そもそも turf は、芝生という意味で使われる場合が一番多いのですが、ギャングなどの縄張りという意味でも使われます。2の説明を見ると、より比喩的に、いろいろな権力争いについても使えることが分かります。そういう意味でも、日本語の縄張り争いという言葉と使われ方がよく似ています。

結局、事件はロサンゼルス市警にFBIの担当者を招いて共同で捜査することになるのですが、このドラマの主人公、ロサンゼルス市警のブレンダは、次のようにぼやいています。




「気取った態度で偉そうなくせに役立たずの、殺人事件の捜査の基本も知らないのを相手にしなきゃならないのよ」 という感じでしょうか。

pompous, arrogant oaf というところは、FBI を毛嫌いしているのがよく伝わってきます。この3つの単語の中で一番良く使われる基本語は、arrogant尊大なごう慢な横柄な)です。(と言いながら、私自身は、ときどきこの arrogant がすぐに出てこず、思い出すのに苦労することがあります。)

pompous尊大なもったいぶった気取った と辞書にありました。発音は、「ポンパス」と「パンパス」の中間のような感じです。pomp(華やかさ、誇示、虚栄)という名詞の形容詞形です。oaf は、ばかまぬけとんま などの訳が出ていました。 

スポンサーサイト


say when など


英語の Say when. という表現は、だいぶん前に紹介したと思ったのですが、何か理由があって消してしまったのか、見つかりませんでした。これは、例えば相手のコップに飲み物を注ぐときなどに、ちょうどいいところで合図をしてください・・・ということです。私はレストランで、ウェイトレスがサラダの上でミルを回してコショウをかけてくれるときに言われた覚えがあります。

Say when.
- Tell me when I have given you enough of something, usually a liquid. (Sometimes answered simply with When.) (THE FREE DICTIONARY より)

上の英語の説明にもありますが、止めてほしいときには、When. と言って止めてもらうことができます。以下は、ドラマ 『クローザー』 の中で、ビデオを巻き戻してほしいと言われて、「じゃあ、いいところで合図してください(止めてください)」と言って巻き戻す場面です。




この When. は、「あ、ここ」・・・と訳してもいいかもしれません。

もう一つ、同じく『クローザー』の中で、はしご(ladder)の 「段」「横木」 という意味の rung という単語を久しぶりに聞いたので、取り上げておきます。はしごの、手と足をかけて登ったり下りたりする棒のことです。

以下は、首をつった状態で見つかった男性について、脚が悪かったのに本当にはしごをつかって自殺できたのか・・・と疑っているところです。Would Albert have been able to drag a 30-pound ladder from the garage to the house? というセリフの後に、以下が続きます。


The rungs on a ladder are the wooden or metal bars that form the steps. (コウビルド英英辞典より)

私は、英語の単語で、カタカナにするとラ行になる部分がLだったかRだったか分からなくなることがありますが、rung は、そうなりそうな感じが少しします。つまり、はしごの段と言いたいのに、lung(肺)と言ってしまうかもしれません。逆に、肺のことを段と言ってしまうことは、ないと思いますが・・・。ちなみに、同じラダーでも、ladder ははしごですが、rudder は船の舵、飛行機の方向舵です。

ところで、ladder と rung の関係で思い出したのが、「一続きの階段」a flight of stairs と呼ぶということです。一続きとはどういうことかというと、途中に踊り場があると、そこでいったん区切って、そこまでの部分を flight と呼ぶということです。

A flight of steps or stairs is a set of steps or stairs that lead from one level to another without changing direction.

あなたを借りてもいいですか?


ドラマ 『クローザー』 のシーズン1の第9話から、いくつかのシーンを選んで紹介します。ちなみに私は、この第9話は、犯人が誰なのかや、あの手この手を使って逮捕を逃れようとする犯人の悪あがきをブレンダ(以下の写真)がどのように終わらせるのかという辺りで予想を裏切られ、なかなか見応えがありました。


これは、疑わしい人物を見たと言う若者に対して、署まで来て複数の容疑者の顔写真を見てもらうことを依頼しているところです。Could I borrow you? は、文字通りに訳したら 「あなたをお借りしてもいいですか?」 という意味になるので、日本語だとなんだか凝った言い方に聞こえますが、相手の反応は、いかにも普通の会話をしている感じだったので、英語ではまったく違和感のない普通の言い方なのだろうと思います。


次に、上の場面ですが、性犯罪の前科があり捜査線上に浮かんだ人物が残したカメラフィルムを現像したら、想像していたような性的な写真ではなく、花の写真ばかりだったときの反応です。別にこの刑事が花を探していたからこう言っているわけではありません。これは、有名なフォークソングの 『花はどこへ行った』(Where have all the flowers gone?) に引っかけたセリフです。日本語の字幕翻訳では、こうした背景まで分からせながら、このセリフの皮肉っぽさを訳すのは難しそうな気がします。lost in translation になってしまう可能性が高そうです。

If you say that a quality of something has been lost in translation, you mean that it is not very good as a result of being translated into another language or told in a different way. (コウビルド英英辞典より)


最後に、上の Good grief. は、以前にも紹介したことがありましたが、久しぶりに聞いたので、また紹介します。これは驚いたときにいう言葉で、例えば Oh my God. と言いたいような場面でも使えます。「おやおや!」、「何てこった!」、「信じられない」・・・という感じです。ここでは、ブレンダが言っているので、訳すなら「まあ、何てこと・・・」ぐらいがいいかもしれません。以前に紹介したときの記事は、→こちら です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
『クローザー』 のDVDレンタルなら → 【ぽすれん】
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -



プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。