おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうすぐ読了 - White Tiger


毎晩寝る前に少しずつ読み進めてきた The White Tiger が、終わりに近づいてきました。昨日、片道1時間半の場所まで電車で行く用事があり、電車の中と、行った先でも読む時間があったので、一気に読み進めることができました。

The White Tiger の主人公はインドの貧しい村の出身で、金持ちの家の運転手兼使用人になります。・・・と書くと簡単そうですが、運転を習って運転手になるというだけでも、非常に多くのハードルを乗り越えなければなりません。

インドは貧富の差が激しいことや、汚職が横行していることや、古い階級制度のカーストの影響が今でも残っていること、言葉や宗教が異なるいろんな民族が住んでいることなどは、普段は情報としては知っていても、あまり自分には関係ないし、これを読み始めるまでは、ほとんど想像することもありませんでした。それが、主人公に感情移入して読み進めていくなかで、これでもかというぐらいに強く意識させられて、暗い気持ちにもなり、憤りも感じました。

それでもどんどん読み進められるのは、主人公が雇い主を殺すことが早い段階から分かっていて、それをいつ、どのようにするのかというスリルがあるからです。読み進めさせる仕掛けを用意しておいて、その過程でインドの現状を繰り返し鮮明に読者の心に植え付けていくあたりは、さすがに賞を取った小説だけのことはあるなあと感じています。

後半は、いくつか出てきた分からない単語も調べないまま一気に読み進めましたが、中ほどあたりで調べた単語には、鶏や小動物を入れる小屋おりかごという意味の coop(発音はクープ)や、vitiligo=「白斑」(皮膚病の一種)などがありました。

以下、コウビルド英英辞典 から引用します。

1. A coop is a cage where you keep small animals or birds such as chickens and rabbits.

2. If you say that someone has flown the coop, you mean that they have left a place or situation that limits their freedom.

上の 2 は、fly the coop というイディオムの説明です。英和辞典には「脱獄する」「逃亡する」「ずらかる」とありました。ただ、The White Tiger を読み進めてきた今、この説明を見ると、「自由を制限する場所や状況から抜け出すこと」というところが、まさにこの小説の筋書きそのものなので、妙に感慨深いです。
スポンサーサイト


単語調べ(boulder, rampart)


今読んでいる 『The White Tiger』 の途中で、分からない単語を2つ、辞書で調べてみました。その2つの単語が含まれている部分を引用します。

I walked until the water came up to my neck, and then swam - past lotuses and water lilies, past the water buffalo, past tadpoles and fish and giant boulders fallen from the fort.

Up on the broken ramparts, the monkeys gatherd to look at me: I had started climbing up the hill.

今回調べた単語の説明に移る前に、最初の文で、lotus(ハス)と water lily(スイレン)が出てきたのに、偶然を感じました。つい数日前に、このブログの話題にしたばかりだったからです。英会話のレッスンや読書など、いくつかの違うことろで英語に触れるようにしていると、こういうことはよくあって、新たに学んだこと(今回の場合は water lily)の記憶の定着に役立つことがあります。

ついでに紹介すると tadpole はオタマジャクシです。fish は前に a が付いていないので複数形です(fish の複数形は、後ろに s や es は付きません・・・いわゆる「単複同形」です)。

さて、今回調べた単語の1つ目は、boulder です。英和辞典には、丸石玉石という訳に加えて、地質学用語の「巨礫」(直径が256mmより大)とも書かれていました。そのサイズだと、河原や川の浅瀬にあるような楕円形の石が思い浮かびます。

1つ目の引用文の最後の fort は、砦(とりで)です。そして、次に調べたのは、rampart です。

The ramparts of a castle or city are the earth walls, often with stone walls on them, that were build to protect it.(コウビルド英英辞典より)

英和辞典には、塁壁城壁とありました。城壁=rampart を覚えたら、ついでにセットで覚えておきたい単語に、堀(壕)= moat があります。

最近読み始めた本(The White Tiger)


今日は、最近読み始めた本を紹介します。

題名は The White Tiger で、著者は Aravind Adiga という人です。確か2~3年前に、カナダに帰国する直前の英語講師からもらっていた本です。もらったときに冒頭の数ページだけ読んで、あとは本棚の肥やしになっていました。

それを再び手に取ったきっかけは、少し前にテレビで映画『スラムドッグ・ミリオネア』を見たからです。スラムドッグ・ミリオネアの方は、あまり集中して見ていなかったせいかもしれませんが、「まあまあ楽しめる程度」という印象でしたが、後になって、「そういえば、確かあの本もインドが舞台で、共通する部分があったような気がする・・・」ということで思い出したのが、この The White Tiger でした。

共通点は、主人公が、インドで貧しい生活をしながらも、けなげに努力して成長してきた男性であるということです。The White Tiger は、インドを訪問する予定の中国の首相に対して、貧しい出自から起業家として成功したという主人公が書く手紙の形式になっています。読み進めていく内に、主人公のこれまでの波瀾万丈の人生が明らかになってきて、だんだん引き込まれてきました。

インド関連でもう1つ、思い出した本があります。『女盗賊プーラン』 (翻訳: 武者圭子)です。これは日本語で読みました。読んだのは15年ぐらい前で、ちょうど技術翻訳、ビジネス翻訳の仕事を始めようとしていた頃でした。当時は、いつかはノンフィクション分野の文芸翻訳もやりたいと思っていて、日本語の文章力を向上させるために、同じく武者圭子さん翻訳の 『ファザー・グース』 などから、良いと思った日本語の文章表現を抽出して集めたりしていたのを思い出します。

読書といえば、昨年秋頃に『あらいぐまラスカル』の英語の原作を読んでいることを書きましたが、実は途中で止まってしまいました。今回の The White Tiger は、寝る前に布団の中で10~20分程度読むパターンが最後まで続きそうです。辞書を引くのがおっくうで、分からないまま「読み流して」いる単語があるのが、せっかくの勉強のチャンスなのにもったいないと感じています。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。