おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

高慢と偏見 - またも嫌いな人から!


コリンズとシャーロットの新婚カップルの家に滞在し、彼らとともにその土地の富豪キャサリン夫人の邸宅などにも招待されたりしながら過ごしていたエリザベスは、そのキャサリン夫人の邸宅でダーシーと再会します。

エリザベスにとってダーシーは無口で愛想が悪くて身分の高さを鼻にかけているという悪い印象なのですが、エリザベスは、ダーシーと共に同地に滞在しているフィッツウィリアム大佐から、姉のジェーンからビングリーを引き離したのがダーシーだったことを知ってショックを受け、ダーシーに対して憤りを感じます。

エリザベスがそのショックと憤りで頭痛を起こして留守番をしているまさにそのときに、ダーシーが一人でやって来て、エリザベスにプロポーズをします。

プロポーズの言葉は、あえて自分より身分の低いエリザベスに求婚することについて悩んだけど、やはりどうしても気持ちを抑えられなかったという感じがにじみ出ていて、なおさらエリザベスの気持ちを逆なでします。

彼女はウィッカムの件でもダーシーが悪いと思っているので、ジェーンの件とウィッカムの件を挙げ、プロポーズは受け入れられないと言って拒否し、最後に以下のように言います。

You could not have made me the offer of your hand in any possible way that would have led me to accept it. From the very beginning, your manners struck me as showing the greatest pride in yourself and scorn for the feelings of others, and I had not known you a month before I felt that you were the last man in the world whom I could ever be persuaded to marry.

いかなる方法で求婚したのだとしても、あなたからの求婚を私は受け入れられない。私は初対面のときから、あなたが自分のことを一番鼻にかけ、他人の気持ちを気にもかけない人だと直感し、1か月もしないうちに、私はどんなに説得されたとしてもあなたとだけは絶対に結婚したくないと思った。

上の英文の最初の offer of one's hand がプロポーズを意味しているのですが、これに近い意味で、辞書には、ask for someone's hand (in marriage) というのが出ています。

If a man asks for a woman's hand in marriage, he asks her or her parents for permission to marry her.(コウビルド英英辞典より)

つまりこの hand は、求婚する男性に対する女性やその親からの「許可」ということです。ダーシーは女性ではありませんが hand を offer しているというのは、身分違いだけどエリザベスに対して結婚の許可を出している(エリザベスから頼まれたわけでもありませんが・・・)という尊大な感じを連想させるような気がします。

※ 『高慢と偏見』関連のこれまでの記事: 12345

高慢と偏見 - 再びコリンズについて


前回からしばらく間が空きましたが、また『高慢と偏見』からです。

エリザベスは、ビングリーと疎遠になって気晴らしにロンドンに滞在している姉のジェーンと、牧師コリンズの元に嫁いだ友人のシャーロットとをほぼ同時期に訪ねます。

シャーロットを訪ねたときには、あらためてエリザベスがコリンズを嫌っている様子のうかがえる描写が出てきます。コリンズとシャーロットの新婚カップルに家の中を案内されてているときのエリザベスについての描写です。

She could not help thinkning, as Mr Collins proudly showed her his house and furniture, that he wished to make her feel what she had lost by refusing him. She was not able to please him, though, by any sign of unhappiness, instead she looked with surprise at her friend, who could appear so cheerful with such a companion.

コリンズは、エリザベスが彼からの求婚を断ったことを後悔させたいようなそぶりで、自分の家を自慢げに案内しますが、エリザベスはそんな彼の思いとは裏腹に、シャーロットが、よくもこんなパートナーと楽しげにしていられるものだと驚いた・・・ということですね。

続きは、以下の通りです。

After admiring the house, they were invited by their host to take a walk in the garden. One of his chief pleasures was to work in the garden, and Elizabeth smiled to herself as she heard Charlotte talk of the healthiness of the exercise, and say that she encouraged it as much as possible.

コリンズは今度はエリザベスたちを庭に招きますが、そのときにシャーロットが、コリンズの趣味である庭いじりについて、健康にいいからどんどんやるべきだとコリンズに勧めているのを聞いて、心の中で笑った・・・と書いてあります。シャーロットも、このコリンズという男の相手をするのは好きではなくて、勝手に庭で時間をつぶしてくれる方がいいと思っているのだな・・・という想像なのだと思います。「亭主元気で留守がいい」みたいな感じですね。

まだ続きます。

The house itself, though small, was neat and convenient, and when Mr Collins could be forgotten, there was a great feeling of comfort everywhere - and by Charlotte's enjoyment, which was quite plain, Elizabeth supposed he must often be forgotten.

家は小さいけれど、こぎれいで便利なので、コリンズの存在さえ忘れていれば、どこにいても快適そうだった。また、シャーロットの楽しげな様子からすると、彼女はコリンズのことを忘れている時間が多いに違いないとエリザベスは思った。

ここまでたたみかけられると、コリンズがエリザベスから徹底して嫌われている感じがひしひしと伝わってきますね。誰かが誰かを嫌っている様子って、こんな風に面白く書くこともできるものなんですね。


※英語の原文は、Pride and Prejudice(Penguin Readers版)から引用しています。

高慢と偏見 - ベネット夫人


しばらく前から、Pride and Prejudice(Penguin Readers版)を読んでいて、その中から面白いと思った文章を紹介しています。

前回紹介した部分では、ベネット家の長女のジェーンが、近所にしばらく滞在した資産家のビングリーに思いを寄せていたのに、その後ロンドンへ戻ったビングリーたちと疎遠になって悲しんでいるというところまで話が進んでいました。

そんなときに、ジェーンやエリザベスの母の兄弟であるガーディナー氏が、夫人を伴って、ロンドンからやって来てベネット家を訪れます。

Mr Gardiner was a sensible, gentlemanly man, of much finer character than his sister, and Mrs Gardiner, who was several years younger than Mrs Bennet, was a pleasant, intelligent, well-dressed woman, and a great favourite with her nieces.

この文の前半では、兄弟のガーディナー氏と比べることで、ジェーンやエリザベスの母であるベネット夫人(Mrs Bennet)の性格をあらためて確認できます。

ベネット夫人は、娘たちを早く結婚させることにやっきになっていて、あわただしい性格のようにも思えるし、ゴシップや世間話が好きな感じもして、あまりお上品ではない感じで、なんというか、「おばちゃんっぽい」性格です。ここまで読んでいる限り、体型がどうとかいう記述はなかったと思いますが、ちょっと中年太りしてそうなイメージがあります。

ガーディナー夫人は、知的でファッショナブルなので、ベネット家の娘たちに人気があるということですね。「~に人気がある」= be a favorite with~ という言い方は、with が使われるのが意外でしたが、among と同様によく使われるようです。among だと大勢の人のお気に入りでなければなりませんが、with なら一人の場合にも使えます。

◇He is a great favorite with(among) married women. 彼は既婚の女性に大もてである。
◇He was a favorite with the king. 彼は王の寵臣だった。

ガーディナー夫人は、悲しんでいるジェーンの気晴らしのために、ジェーンにロンドンに来て滞在するように勧め、ジェーンはロンドンに行くことにします。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索