おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


緑毛のアン


日本で『赤毛のアン』で知られている物語は、英語の原題は Anne of Green Gables です。gable というのは三角屋根のことで、Green Gables というのは、孤児院からもらわれてきたアンが住むことになる、マリラとマシューの家のことです。

話の最初の方に、アンが初めて学校に行くときのエピソードがありますが、以下はそのシーンです。先生の言っていることが、私にはちょっと聞き取りにくいですが、名前を聞かれたアンが「アンはスペルにeがついたアンです」と言うところから始まっています。


フィリップス先生は、"You will share a seat with Diana Barry" と言い、アンが "Thank you Mr. Phillips, Diana Barry is my bosom friend." と言っていますね。

その後しばらくすると、「にんじん」とからかったギルバートに対して、How dare you!(よくもそんなこと!)と言って頭に石版を叩きつけて割るシーンが続きます。ギルバートは、先生に対して It was my fault Sir, I was teasing her. と言っています。

学校からの帰り際に謝ったギルバートを無視したアンに対して、ダイアナは、ギルバートはいつも女子をからかうくせがあり、髪の黒い自分は何度も「カラスあたま」と呼ばれたが、彼が女子に謝ったのは初めてだと言っています。

後は、この件で傷ついたアンが髪を染めるのに失敗し、マリラに「絶望のどん底(depths of despair)にいる」とか、「赤い毛が最悪だと思っていたけど、緑はその10倍悲惨だわ」などと言う場面です。

マリラは、口では直接ほめないものの、アンが石板を男の子の頭に叩きつけた「武勇伝」を聞いて共感を覚えているようで、「私を孤児院へ送り返すの?」と聞いたアンに対して、Green Gables にいてもいいと言い、I think you may be a kindred spirit after all. と言って部屋から出ていきます。

ビデオの最後の方では、ダイアナが母親がしゃべっているのを盗み聞きしたと言いながら、Mother said you have disposition just like Marilla's.(お母様は、あなたの性格がマリラとそっくりだと言っていたわ)とか、She says something about Marilla having been betrothed once many years ago, but because of a quarrel, she never married and she has lived with her brother ever since. などと言っています。

※関連記事:
「絶望のどん底」 - Anne Shirley
「お高く止まる」 - be/get on your high horse
お詫びのメニュー
スポンサーサイト


お詫びのメニュー


『赤毛のアン』で、アンは間違ってダイアナにワインを飲ませて泥酔させますが、ダイアナの母親は、それをわざやったのだと疑い、ダイアナとアンが付き合うのを禁じます。

ダイアナがそのことをアンに告げたとき、二人は、付き合えなくても一生友だちだということを誓います。そのときの悲しみ方と誓いの言葉はアンらしい大げさな感じなのですが、二人にとっては、本当に人生の一大事なのだということが伝わってきます。

その後、ダイアナの母親が留守の時に、アンがダイアナの妹を看病して命を救ったことから、誤解も解けてアンとダイアナは再び友だち同士に戻れることになります。

ダイアナの母親が、お詫びにアンを食事に招くのですが、それを聞いたマリラのセリフが、以下です。

marilla

英語では、"Does the menu have humble pie?" のような感じだったと思います。

だいぶん前にも書きましたが、eat humble pie で、「自らの誤りを認める」や「甘んじて屈辱を受ける」という意味です。

ダイアナの母親が、アンを疑って悪かったと素直に謝るのかどうか、見物だね・・・という感じの、マリラの皮肉っぽい一言です。

「お高く止まる」 - be/get on your high horse


『赤毛のアン』(Anne Of Green Gables)のセリフで、面白いと思った英語表現を紹介します。

anne shirley 02


アンを「にんじん」とからかって、アンに頭に石版を叩きつけられて以来、アンからほとんど無視され続けのギルバートが、「そう構えるのはよせよ」と言っています。

英語では、Why don't you get off your high horse? です。

come/get (down) off your high horse:
- to stop talking as if you were better or more clever than other people.
THE FREE DICTIONARYより)

◇It's time you came down off your high horse and admitted you might have made a mistake. 偉そうにするのはやめて、失敗をしたかもしれないと認めてもいい頃だ。

「偉そうにする」とか「お高くとまる」は、get on your high horse と言えます。

◇We can't get on our high horse and judge other countries by our own standards. 他国のことを自らの基準で尊大に判断してはならない。

このあと、たしか試験の成績でどちらが上になるかというような話になったと思うのですが、アンがギルバートにきつい言葉を言ったあとで、ダイアナが「なにもあんなに言わなくても」と言います。

anne shirley 03

英語では、You've got more nerve than a fox in a henhouse. でした。

fox in a/the henhouse(ニワトリ小屋の中の狐)は、辞書では見つかりませんでしたが、「大胆でやりたい放題なこと」のたとえなのかなあと思います。

字幕の訳には向いていないと思いますが、「あなた、ニワトリ小屋の狐よりすごいわね」みたいな感じですね。

この映画は、プリンスエドワード島でロケをしたとのことで、景色がきれいでした。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。