おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

アリス・イン・ワンダーランド


映画 『アリス・イン・ワンダーランド』 を見て来ました。ルイス・キャロルの本 『不思議の国のアリス』 でおなじみの、いろんな奇妙なキャラクターが面白かったです。ストーリー自体は、19歳に成長したアリスが再びワンダーランドに迷い込むという、新しい設定です。


見終わってから、Wikipedia のこちらの記事で、キャラクター名などを再確認しました。帽子屋(Mad Hatter)、赤の女王(Red Queen)、白ウサギ(White rabbit)、チェシャ猫(Cheshire cat)、ふたご(Tweedledum と Tweedledee)、3月ウサギ(March Hare)などが主要なところです。私は今回は、ヤマネ(dormouse)が気に入りました。ヤマネという動物は冬眠期間が長いそうですが、dormant(=冬眠中の)+ mouse と覚えると、単語として覚えやすそうです。

A dormouse is a small animal that looks like a mouse. It is found in southern England and Wales.(コウビルド英英辞典より)

3月ウサギは rabbit(ウサギ) ではなく hare(野ウサギ)です。野ウサギは3月頃に発情することから、as mad as a March hare という形容がよく使われていたそうで、そのことがこのキャラクターの由来になっているようです。確かに、カップを投げてばかりいて、かなりクレイジーでした。

A hare is an animal like a rabbit but larger with long ears, long legs, and a small tail.

アリスに襲いかかって傷を負わせるバンダースナッチ(Bandersnatch)は、どんな姿をしているかは原作には詳しく書かれていないので、自由なイマジネーションで作ったようです。赤の女王(クイーン)に仕えるジャックが出てきますが、トランプのジャックの別名で、主にイギリスで使われる knave(ネイヴ)という呼び名が使われていたようです。

In card games, knave is another word for jack. (mainly BRIT; in AM use jack)

この映画は原作本とは異なるオリジナルストーリーでしたが、原作をそのまま実写やアニメにした作品も、過去にはいろいろあります。私は数年前に、以下の実写版のDVDをレンタルして見ましたが、これも面白かったです。


↓原作本↓(Amazonへジャンプ)
Alice's Adventures in Wonderland and Through the Looking Glass

↓映画館へGO!↓
ワーナー・マイカル・シネマズ 劇場検索
ユナイテッド・シネマ


アリス・イン・ワンダーランド(予告編)


英語圏では3月5日に公開の映画、『アリス・イン・ワンダーランド』です。日本では4月に公開されるようです。

以下、予告編を貼り付けておきます。不思議の国のアリスは、これまでにもアニメではない実写版(→ 関連記事)はありましたが、今回のは3Dだそうです。


最初は、There is a place, like no place on earth. Some say "to survive it, you need to be as mad as a hatter," which luckily, I am. と言っています。

原作本でも、女王は気に入らない人物がいるとすぐに「首をはねよ」と命令していましたが、この予告編の中でも Off with her head! と叫んでいるところがあります(0:58あたり)。

THE FREE DICTIONARY には、以下に引用するように、be as mad as a hatter の由来に関する情報が書かれていました。

A long time ago, people who made hats used a substance that gave them an illness which made people think they were crazy.


ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!



leave off ~ing: 「~をやめる」


しばらく前に映画 『不思議の国のアリス』 (ディズニーではない実写版:ウーピー・ゴールドバーグが出ています)を見てから、つい原作本を読み返してみたくなり、少しずつ読んでいます。

不思議の国では、トランプのカードが、ゲートボールのようなクローケーという遊びをし、アリスも女王(クイーン)に誘われて参加します。

キングやクイーンではない「ひら」のカードは、体をアーチ形に曲げて、ボールを通すゲートの役割もしなくてはなりません。

クイーンは、試合中も、気に入らないことがあると、すぐに甲高い声で「こいつの首をお切り!」としょっちゅう命令しています。

All the time they were playing the Queen never left off quarrelling with the other players, and shouting "Off with his head!" or "Off with her head!" Those whom she sentenced were taken into custody by the other soldiers, who of course had to leave off being arches to do this, so that, by the end of half an hour or so, there were no arches left, and all the players, except the King, the Queen, and Alice, were in custody and under sentence of execution.

太字の leave off ~ing は、「~をやめる」「~を終わらせる」 という意味です。

If someone leaves off doing something, they stop doing it. (コウビルド英英辞典より)

◇ Mr. Summers finally left off talking and returned to his seat.
サマーズ氏はようやくおしゃべりを終え、自分の席に戻った。

普通は stop ~ing を使えば用が足りるので、leave off ~ing という言い方があること自体忘れていました。


プロフィール

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索