おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

レディー・ガガ版 『オズの魔法使い』


アメリカの朝のテレビ番組 Good Morning America でレディー・ガガが『オズの魔法使い』をテーマにしたパフォーマンスをやっている映像です。


おなじみの Scarecrow と Cowardly Lion と Tin Woodman のダンサーを従えながら、自身は主人公 Dorothy や 「東の良い魔女」などもやっています。

最後には、There's no place like Good Morning America. と言っていますが、これはもちろん、『オズ・・・』の中のドロシーの有名なセリフ、There's no place like home. に引っかけたものです。

Wonderful Wizard of Oz と言えば、私は、オーディオブック販売サイト Audible.com で、アン・ハサウェイが読んでいるバージョンを購入して聞いている途中なのですが、すべての登場人物を1人で声色を使い分けて演じているのが、なかなかすごいです(おすすめです!)。


『オズの魔法使い』(原書)


Amazonで買って数日前に届いた『オズの魔法使い』の英語の原書、The Wonderful Wizard of Oz を読み始めました。

↓↓これです↓↓
The Wonderful Wizard of Oz (Books of Wonder)
定価:¥ 681
新品最安価格:11%OFF ¥ 605 (9店出品)
中古最安価格:65%OFF ¥ 238 (6店出品)
売上ランク:11708位
レビュー平均:5.05.0点 (2人がレビュー投稿)
by amazon通販最速検索 at 2011/07/10

映画の 『オズの魔法使い』 で知った英語表現などは、このブログで何度か紹介したことがありましたが、今回は、ふと思いついて、原書を読んでみることにしました。

映画を見た人は、ストーリーを思い出しながら楽しく読み進められるので、お勧めです。挿絵が多いのも、楽しくていいです。

ちょうど半分ぐらいまで読み進み、西の悪い魔女を退治するところまで進みましたが、気がついたのは、やはり全体的に少しずつ、映画とは違うところがあるということです。「あれ、映画でそんなところあったかなあ」と思いながら読んでいると、また今後は映画を見直したくなってきます。

逆に、映画にはあって原作にはない部分もあります。映画では、最初にカンザスで農夫たちが出てきたり、おばさんが配るクルーラー(ねじりドーナツ)を食べたり、家出をしようとしたけどやめて帰ってきたりする場面がありましたが、原作本には、これらはありません。また、エメラルドシティで 「違う色の馬」 が引く馬車に乗る場面(→関連記事)も、原作にはありません。

最初の前書きは、著者が1900年に書いています。つまり、100年以上も前の本ということになります。そう思って読むと、例えば、queer や gay という単語が、ちゃんとした伝統的な意味で使われているところなど、納得できる部分があります(まあこれらは、30年ぐらい前でもそうだったかもしれませんが・・・)。


※ 映画 『オズの魔法使い』 に関する記事→(12345678
※ 『オズの魔法使いのパロディ』 → こちら

MadTV版「オズの魔法使い」


オズの魔法使いのパロディです。この中で、英会話レッスンに登場したばかりの go ballistic(かんかんに怒る)という表現が使われているのに気がつきました。全体的には私には聞き取れない部分もありますが、とりあえず最初から、気になる部分をチェックしてみます。

オズの魔法使いが気球で去ってしまって途方に暮れかけたときに、良い魔女が現れます。この良い魔女の英語の発音は、元の映画ともそっくりで、特徴がありますね。魔女に、「あなたはいつでもカンザスに帰ることができたのよ」と言われて、「あんた気でも狂ってるんじゃない!ピンクのシャボン玉に乗って飛んできて言ってくれたら、何でもすぐに信じたわよ!ぺろぺろキャンディーをなめたら家に帰れると言うなら、すぐにでもそうしたわ!」と怒っています。

ライオンが、「でもそれじゃあ、僕たちには会えなかったね」というと、「あんたたち3人がいなくても、私は平気だったわ。十代の娘が3人の男とスキップしながら徒歩旅行よ!股の間に手でも挟んでなきゃ、おちおち寝られやしないわ!」とまくしたてます。


かかとを鳴らせば帰れると魔女に言われ、「そんな簡単なはずないじゃない!本気で怒るわよ(I'm gonna go ballistic!)」と言っています。

最後の方で、ブリキ男が悪夢から覚めてベッドで寝ていると、別のブリキ男が、Oh you need a little TLC if you know what I mean. となだめています。TLCとは、tender loving care の略だそうです。確かそういう名前の歌手のグループがあったような気がしますが・・・。

If someone goes ballistic, they suddenly become very angry. (コウビルド英英辞典より)

ballistic とは「弾道の」という形容詞で、ballistic missle は「弾道ミサイル」ですが、go ballistic「急にかんかんに怒る」ということですね。hit the roof や fly off the handle などにも似ていると思います。

※パロディじゃない本当のオズの魔法使いに関する記事→(12345678


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索