おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

ローズマリー風味のオリーブオイル


以下の動画を見て、これはいいかも・・・と思いました。今度、実家の庭に生えているローズマリーの枝を摘み取ってきて、やろうと思っています。


ざっくり言うと、あたためたオリーブオイルにローズマリーの小枝を浸して、ローズマリー風味のオリーブオイルを作るということです。ローズマリーの香ばしい風味は、私も好きです。

知らなかった単語、聞き取りにくかったところ、紹介したい単語は、以下の通りです。

0:27の sprig(小枝)、0:31の particularly、1:01の jar(広口びん)、1:13の roughen up(傷つける?)、1:31で再び sprig、2:15の funnel(じょうご)、2:16の spout(注ぎ口)、3:09の botulism(ボツリヌス中毒)、0:11と3:13の rosemary infused olive oil (infuse は、「成分を出させる」「浸出させる」)。

A sprig is a small stem with leaves on it which has been picked from a bush or plant, especially so that it can be used in cooking or as a decoration.(コウビルド英英辞典より)

If you infuse things such as tea leaves or herbs, or allow them to infuse, you put them in hot water for some time so that the water absorbs their flavor. You can also infuse things in other liquids.





チーズ入りマニコッティ


イタリアのパスタメーカー、バリラ(Barilla)社が有名人を使ってアメリカで展開しているキャンペーンです。家族で夕食を食べましょう・・・というコンセプトです。そこに登場しているのが、私が今一番好きな歌手、マルティナ・マクブライドです。

(0:26~0:38) She's usually cranking out hit songs in the studio, performing on stage. But today, just for us, she is cooking up one of her favorite treats, one of her favorite meals. And it's all for good cause too.

この Share the Table Project のサイトに登録して「約束」をすると、バリラ社から、貧しい人に食事を提供する慈善団体の Meals On Wheels に、1ドルが寄付されるということのようです。


後半は、レシピです。manicotti(マニコッティ)という大きな筒状のパスタを茹でてから、詰め物をします。詰め物は、リコッタ(ricotta)チーズをベースにして、バジル(basil)、卵、塩を混ぜて、「秘密兵器」(secret weapon)としてホウレンソウを加えています。詰め終わったら、オーブン皿にパスタソースを入れた上に載せ、上からもソースとチーズをかけて、焼き始めています。

上に載せた英文内の crank out の説明を、THE FREE DICTIONARY から引用します。

crank out something
- to produce something continually, like a machine

◇ He regularly cranks out one movie a year and hasn't shown any signs of slowing down. 彼は毎年映画を1本制作し続けているが、そのペースをスローダウンさせる気配はまったくない。

crank out は、「機械的に」、あるいは「雑に」大量生産する・・・という意味合いを含むこともあるようですが、ここでは、その意味はありません。

ちなみに、このビデオで流れている曲、I just call you mine は、つい最近、こちらで紹介しました。

スイカとエビのサラダ


私は料理のアイディアは結構思いつく方ですが、これは考えたことがありませんでした。そもそも、スイカはそのまま食べるだけのものという固定観念ができてしまっているので、驚きです。

この人のレシピは、以前、「なすとパルメザンのサンドイッチ」を紹介しました。この人はイタリア出身なのですが、そのせいか、私にとっては英語が聞き取りにくいところが多いです。

アメリカでは、大きなスイカは食べきれないから小さなスイカを好む人が増えていて、そちらの方を作る農家が増えている・・・というようなことを言っているような気がします。


エビの他に、カニやロブスターでもいいだろうと言っています。一口大にしたスイカに(ゆでた)エビの身を加え、砕いた赤唐辛子、塩、コショウ、ミント、オリーブオイルと、バルサミコ酢を少しだけ入れ、冷蔵庫で15~20分間、味をなじませます。

最初は半信半疑でしたが、見ているうちに、きっとおいしいだろうという気がしてきました。私自身は、わざわざ洋風の材料を揃えるのが面倒なので試すかどうか分かりません(ごま油、大葉、米酢などにしたら、どうなるでしょうか・・・)。もし試した人がいたら、感想を聞いてみたいです。 


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索