おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

inlay


音楽CDのプラスチックケースの、本で言う「裏表紙」の側から見えるデザインや曲目などが印刷されている紙は、inlay と呼ばれることが多いようです。(CDがセットされる台の裏側にあって、そのままでは取り出せない紙です)

それを知ったときに、inlay って、何かもっと違うものの意味だったような気がしたのですが、自信はありませんでした。そこであらためて調べてみたら、案の定、「象眼細工」「はめ込み細工」 の意味であることが分かりました。あとは、虫歯を削ったあとに入れる 歯の詰め物inlay と呼ばれます(日本語でも、そのまま「インレー」 とされることがあります)。

inlay は、「はめ込む」「象眼する」「ちりばめる」 などの意味で動詞として使われることもあります。以下に、その意味の説明を引用します。

To set (pieces of wood or ivory, for example) into a surface, usually at the same level, to form a design.(THE FREE DICTIONARYより)

この説明には、「通常は、はめ込む面と高さが同じになるように」という内容が含まれていますが、このことは、装飾やデザインのための象眼細工だけでなく、歯の詰め物の方でも重要なことです。

これで思い出したのが、「面が同じ高さの」 という意味の flush です。以前、他の人が担当した翻訳のチェックの仕事をしたときに、この flush の意味を知らなかったらしく、水をどっと流すという意味に訳していたのを修正した記憶があります。アメリカで機械エンジニアをしていたときに、この flush という単語はよく使いました。日本のエンジニアは、この状態を、「ツライチ」 と表現することがあります。

If one object or surface is flush with another, they are at the same height or distance from something else, so that they form a single smooth surface.(コウビルド英英辞典より) 

ちなみに、inlay の歯の詰め物という意味については、次のように説明されていました。

A solid filling, as of gold or porcelain, fitted to a cavity in a tooth and cemented into place.

歯の詰め物と象眼細工は何となく近い感じがしますが、CDのケースに入れられる紙の方は、少し違うので、どういう発想でそう呼ぶようになったのかが気になります。単純な推測ですが、in(中に)+lay(置く、横たえる)ということなのかなあ・・・と思ったりもします。


↑ 貝殻の象眼細工が入ったつまようじ入れ↑


1台でも「機器」と呼べるか?


英語のソフトウェアのバージョンアップに伴う日本語マニュアルの更新作業をしています。

そこでふと疑問に思ったのが、「1台でも機器と呼べるのか?」ということです。

元の英語では、いろんな SCSI device(SCSI機器)の具体的な製品名を挙げて、接続時の注意などについて説明しています。

以前誰かがやった既存訳では、原文の英語で「1種類のSCSI device製品」を表している部分が、すべて「SCSI機器」と訳されていて、これが変に思えてきたのです。(「このSCSI機器では、・・・」というような文章です)

広辞苑には、「機器」とは「器具・器械・機械の総称」だと書かれています。

SCSI device(s) の訳として最も通りがいいのは「SCSI機器」なのですが、「機器」は総称なので、1台の場合に使うと、少し違和感があります。

「SCSI装置」は、「SCSI機器」よりは使用頻度が少ないですが、一応は認知されている言葉で、単数でも複数でも問題ないので、こういうときに使ってもいいのではないかと思います。

かつて私が勤めていた会社の社長は、「うちは国際的には大企業だけど、国内では中小企業だ」というのが口癖でしたが、「うち」という1社についての話なのだから、「中小企業」という総称ではなくて、「中企業」なのか「小企業」なのかはっきりしてほしい・・・と思っていたのを、ふと思い出します。果たして、1社でも中小企業と呼べるのでしょうか?

寝付き快適効果


翻訳の仕事で 「熱機械的効果」 と打ち込もうと思ったら、「寝付き快適効果」 になってしまいました。

元々の英語は、thermo-mechanical effect です。

生身の人間としては、熱機械的効果 よりも、寝付き快適効果 の方に興味がありますが、半導体メーカーの品質管理手法を紹介する文書の中に「寝付き快適効果」の文字は似合いません。

実はその数分前には、「熱機械」を打とうとして 「寝付き会」 になり、小学生や中学生の 「お泊まり会」 の一種か・・・と思ったのですが、さらに強烈な 「寝付き快適効果」 がその後に待っているとは思いませんでした・・・。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索