おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レストランで料理に文句を言うと・・・

以下は、レストランで出された料理に文句を言うと、代わりに作り直して出される料理にツバ(spit)を吐きかけられるのが心配だ・・・という話です。

[0:33~] ここは、「チキンと思うけど」、「チキンじゃない、ラムよ」、「え、そう?私、味覚がないの」 という感じですが、「味覚がない」にあたるところは、I have no taste buds. と言っています。taste buds は、舌などにある味を感じる部分のことで、医学用語では味蕾(みらい)といいます。ただ、日本人が「私、味蕾がないの」と会話することはほぼないので、日本語にするときには、「味覚がない」あたりがいいと思います。


[1:04] I'll have another two meals made up for you. は、意外と日本語に訳しにくいです。自然な日本語にしようとすると、かなり意訳になるのではないでしょうか。この中の have は、英文法の用語で言う「使役動詞」です。「新しい食事を2つ作らせてくる」という意味です。話しているのは料理人ではなくウェイターなので、こういう言い方になります。

[1:09] But in all honesty, ... = 「でも、正直なところ」、「ただ、率直に言って

[3:10~] I haven't had food for four days. What's the catch? 「食べ物なんて、4日も食べてないわ。何か裏があるんでしょう?」 (参考: 英辞郎on the WebTHE FREE DICTIONARY

[3:29~] I'll be OK. It's all right. I'll be OK. のところは、「私は大丈夫」ですが、この場面では、食事は要らないと断っていることになります。

[3:32~] Are you telling me that you would rather get whipped and tortured again than eat the food that I might have spat in? 「ということは、私がツバを吐いたかもしれない食べ物を食べるよりは、またムチで打たれて拷問を受ける方がいいと言うのね?」

この人(Natalie Tran さん)の動画を題材にした記事は、こちら(←クリック)でまとめて読めます。
スポンサーサイト


算数の問題


以下は、「実生活に役立たない算数の問題」というテーマについて語っています。ただ私には、出てくる算数の問題よりも、この人(ナタリー)の早口でしゃべるところの聞き取りの方が難しいかもしれません。一応訳してみましたが、聞き違いで訳が違っている部分も、もしかしたらあるかもしれません。

こんにちは。学校で出された馬鹿げた算数の問題を覚えていますか?あれって、なんの意味があったんでしょう?「あーあ、今何時?」 - 「6時間前は、真夜中の3時間前の2時間後でした」 - 「最低!」。実生活では、みんな最初から答えを教えてくれますよね。

こんな場面を想像してみてください。「来てくれてありがとう」 - 「こちらこそ、呼んでくれてありがとう」 - 「妹のアナよ」 - 「そう、いくつ?」 - 「私はアナより5つ年上です。10年後、アナの年齢は私の年齢の半分になります。さて、アナは何歳でしょう」 - 「あのねえ、それ本当にやめてよ」。

でも本当に、そんなことができても、使う機会がありますか?「ほら見て、1つの角度が分からず、残りの2つの角度が分かっている三角形があるわ!さあ解きましょう!」 - (三角形が何と言っているのか分かりません!)。


私が一番好きな実生活に決して役立たない問題は、これです。「人の名前が全然覚えられないの」 - 「それ、わかるわ。イライラするのよね」 - 「握手した人が何人かもわからない」 - 「ああ、それなら、あなたが来たときにはすでに8人がパーティーに来ていて、それぞれがちょうど1回ずつ握手をしていました。9人目のあなたが来たとき、あなたはみんなと握手をしました」 - 「あのねえ、それだからあなたボーイフレンドができないのよ」 - 「ぼくがボーイフレンドになってあげるよ!」。

でも正直、私は学校で習ったことを1つも実生活に使ったことがありません。いつも知らない人からキャンディーをもらっているし、そういうのに限って一番おいしいんです。コートの大きなポケットに山ほど詰め込んできます。というのは冗談ですが、私自身、ひがんでいるのかもしれません。うちに子どもが来たときに、昔のように問題を解けなくなっていて、いつもグーグルで調べています。そうそう。みなさんにも問題を1つ出したいと思います。

私は今、空想の車を運転しているところです。空想のマニュアル車です。もし私が運転していて、目的地までは120kmあり、私はこれまで時速40kmで2時間走り続けてきたとします。目的地に着くまであとどれだけかかるでしょうか?

・・・この後、3つの選択肢が画面に現れるので、正解と思うものをクリックしてみてください。正解すると、特典映像(?)が見られます!


サイトの規約を読まずに同意すると・・・


いろんなWebサイトで、会員登録したり利用開始したりする前に、規約に同意しなければならない場合があります。長ったらしいのも多いので、全部真剣に読む人は少ないのではないかと思いますが、以下はそのことに関連する話題です。

一番最初の You know what I know a lot? の後は Physics に聞こえます。physics といえば普通は「物理」ですが、こけけている映像を見ると、「体育」(physical education)や「運動」のつもりで言っているような気もします。


以下は言っていることの訳ですが、聞き取れない部分と、つづりが確認できない部分は、/***/ で示します。わかる人がいたら、教えてください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
こんにちは。私が自信のあること、それは運動(物理学?)です。一方、私が無視することが多いのは、利用規約です。なんというか、何もかもが難しすぎて、とりあえず合意しています。「これ読めって言うの?どれだけ長いのよ?/***/。とりあえず、合意」 「スクラブルが始まるまで、しばらくお待ちください。・・・おめでとうございます。あなたはオンラインスクラブルに参加しました」 「どうも」

ここだけの話なのですが、いつかこんなことが起るのではないかと心配しています。「こんにちは。ナタリー・トランさんですか」 「ビデオショップの人ですか?DVDならとっくの昔に返しましたけど。だいたい、なんでビデオショップなんて名乗っているんですか?DVDしか置いてないのに」 「いいえ。私は、あなたが数か月前に利用登録したスクラブルのWebサイトの者です。あなたが利用規約で同意したものを受け取りに来たんです。そうです。あなたの魂を受け取りに来たんです」 「何ですって?」 「利用規約をちゃんと読まずにチェックを入れたということはないでしょうね?」

「魂なんて、どうやったら渡せるかもわかりません。そもそも、私に魂なんてあるのかどうかも・・・。あ、ちょっと電話がかかってきたので、ちょっと待ってください」 「こんにちは。昨晩あなたが登録したWebサイトの者ですが」 「どのWebサイトですか?」 「あなたが合意した利用規約によれば、私はあなたを撮影できることになっているんです。あなたは、合意のチェックボックスにチェックを入れましたよね」

要は、何となく気になるんです。例えばこんなことをしているような気がします。「ナタリー、/***/ほしい?」 「代わりに何をあげたらいい?」 「そうねえ。何もかもすべて」 「/***/1個のために、何もかもすべて?・・・いいわ」

というわけで、あなたが最近、利用規約を読まずに合意して登録したWebサイトは、どんなサイトですか?私以外にも、誰が同じ罪を犯したか知りたいんです。ちなみに、オンラインスクラブルの方は、続けるつもりです。単語探しです。今までに一番長い単語を思いついた問題は、a, g, r, u, u, e, mでした。オンラインのクイズ番組みたいなものです。いや、ちょと違うか・・・、たとえが良くないですね。賞品が、ビデオ/***/なんです。/***/。ではみなさん、良い一日を。すてきな週末をお過ごしください。3日後にまたお会いしましょう。ではまた。


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。