FC2ブログ
アラジンと魔法のランプの話では、ランプをこすると魔神が出てきて、願いを叶えてくれます。

その「魔神」を、英語では genie(ジーニー) と言います。

以下、コウビルド英英辞典から引用します。

In stories from Arabia and Persia, a genie is a spirit which appears and disappears by magic and obeys the person who controls it.

以下はこの genie を含む慣用句です。いろんな訳しかたや意味合いがあると思いますが、「取り返しのつかないことをする」というのも、その1つです。

If you say that the genie is out of the bottle or that someone has let the genie out of the bottle, you mean that something has happened which has made a great and permanent change in people's lives, especially a bad change.

勝手な想像ですが、魔法のランプの魔神は3回までしか出せないので、使い切ってしまうと取り返しがつかないし、使うときには重要な結果を招く使い方をすると思うので、こういう意味の慣用句ができたのでしょうか・・・。

それはさておき、以下の曲の中にも、「ジーニーの入っているボトルなんてない」(=魔法のランプなんてない)という歌詞があります。「魔法のように夢を叶えるすべなどない」という感じです。それでも、「神様に祈りながら宝くじを買う」というのは、ある意味、将来をあきらめ切ってはいない庶民の雑草魂のようなものも感じます。

スポンサーリンク







Tag:英語の.単語

英語の veteran には、「退役軍人」と、特定の分野などで長年に渡って経験を積んだ「経験豊富な人」、「老練な人」という意味があります。

日本語の「ベテラン」は、後者の「経験豊富な人」の意味に該当します。

以下、コウビルド英英辞典から引用します。

1. A veteran is someone who has served in the armed forces of their country, especially during a war.

2. You use veteran to refer to someone who has been involved in a particular activity for a long time.

1の退役軍人の意味の説明の最後に、especially during a war とあるのが面白いと思いました。おそらく、理論的には軍に入隊して、一度も戦地に行かずに退役しても veteran と呼べるのでしょうが、やはり第二次世界大戦を戦った退役軍人(World War II veterans)とか、ベトナム戦争を戦った退役軍人(veterans of the Vietnam War)のような文脈で使われることが多いのでしょう。

以前、「英語の veteran は主に退役軍人のことを意味するので、日本人が例えばプロ野球のベテラン選手などのことを英語で話すときに veteran と言うのはやめたほうがいい」と聞いたことがありますが、それは少し言い過ぎです。

実は、「経験豊富な人」の意味の veteran は、その経験豊富な分野を表す言葉を添えて使うのが通例で、そうすることにより、退役軍人と区別しやすくなります。

たとえば、野球のベテラン選手は、a veteran baseball player と言えます。一方、野球場で目の前にいる選手の話をしていても、He is a veteran player. と言わずに、He is a veteran. と言ってしまうと、その人は退役軍人で今は野球をしているのだと誤解される可能性もあります。

スポンサーリンク







Tag:英語の.単語

ノートルダム大聖堂の火災のニュースを見ていて、spire尖塔)という単語を覚えました。

The spire of a building such as a church is the tall pointed structure on the top.(コウビルド英英辞典より)

ノートルダム大聖堂のように 大きくて立派な建物 は、edifice と呼ばれることがあり、今回のニュースでもよく使われています。

An edifice is a large and impressive building.

edifice と聞くと、スペイン語で建物のことを edificio と言うのを思い出します。

建築の話になったので、建築用語をもう1つ紹介しておきます。gable は、日本語では「切妻(きりづま)」と言いますが、本を開いて伏せたような「切妻屋根」の建物を端から見て、五角形になっている壁のうち、上の方の三角形になっている部分のことです。

A gable is the triangular part at the top of the end wall of a building, between the two sloping side of the roof.

『赤毛のアン』の原作は Anne of Green Gables という題ですが、画像検索(→こちら)してみると、確かに gable の部分が緑色の家の画像が出てきます。

スポンサーリンク







Tag:英語の.単語