おしらせ


// 以下のランキングサイトに参加中 // 
応援クリックをお願いします! →  → みんなの英会話奮闘記 人気ブログランキングへ にほんブログ村 英会話ブログ☆

何様のつもり?


何様のつもり?」を英語で言うと、Who do you think you are? になります。「いったい何様のつもり?」というように、「いったい」をつけたいなら、Who the hell do you think you are? というように、Who の後ろに the hell を挟みます。

これらが歌詞に出てくる曲を、以下に貼り付けておきます。

以下の1曲目でこのフレーズが出てくるのは後半以降ですが、それまでの流れというものがあるので、できれば全部聞いてほしいです。


 
次のクリスティーナ・ペリーは、気持ちのこもった弾き語りです。




 


クラシックじゃないヴァイオリン

日本ではヴァイオリンというとクラシック音楽のための楽器という印象が強いですが、よく考えてみると、もともと西洋では庶民的な音楽にも使われてきましたよね。

クラシック音楽のヴァイオリンもいいですが、クラシック以外のヴァイオリンも、いいなあと思うことが多いです。ケルト系の音楽やカントリーに出てくるフィドルなんかも好きです。

クラシックの曲を今風にアレンジした「クラシカル・クロスオーバー」みたいなのでは、10年ほど前、ヴァネッサ・メイにはまりました。

最近気に入っているのが、以下に動画を貼り付ける Lindsey Stirling です。ビデオも見て楽しめるし、歌手とコラボしているのも、なかなかいいです。












  

脇役のトランペットがいい味を・・・


以下は、間奏や伴奏に出てくるトランペットがいい味出してるなあ・・・と思った2曲です。どちらも以前から好きでよく聞いていますが、トランペットに意識が向くようになるまでには、しばらく時間がかかっていたかもしれません。

1つ目は、Regina Spektor です。映像も面白くて、個人的には、サングラスの下にトーストを挟んでいるところなどがいつ見ても笑えます。



2つ目は、Missy Higgins です。ノリノリの楽しそうなライブで、なかなか見飽きません。


 


マー・ア・ラーゴ / ティラーソン / ニューファンドランド


最近ニュースで耳にした固有名詞で、英語で話すときの発音に注意したいなと思ったのが、マー・ア・ラーゴティラーソンニューファンドランドの3つです。

マー・ア・ラーゴは、トランプ大統領の別荘で、安倍首相も行ったところです。最初に英語のニュースで聞いた時は、マーララーゴという風に聞こえました。その後、日本のニュースでマー・ア・ラーゴと聞いたので、おやっと思いました。調べてみたら、Mar-a-Lago というつづりだったので、納得しました。

実は、英語のニュースでマーララーゴと聞こえていたときには、最初の「ラ」も2つ目の「ラ」も L なのかと思っていました。 つづりを見れば分かりますが、最初のラはRで、2つ目はLです。L と R の区別は、何十年も英語を勉強しているのに、今だに苦手です。

つづりを確認した結果、マー・ア・ラーゴは、mar のつづりを意識して「マル・ア・ラーゴ」のつもりで発音すると、英語のニュースで聞いたような、マーララーゴのような感じになることに気がつきました。今後、英語で発音する機会があったら、うまく処理したいです。

ティラーソン(Rex Tillerson氏)は、トランプ政権の国務大臣(Secretary of State)です。米国の国務大臣は、日本などの外務大臣に相当します。ティラーソン氏は、石油会社エクソン・モービルのCEOを務めていた経歴があります。

それはさておき、Tillerson という名前ですが、最初の Ti に強勢(ストレス)が置かれるため、その次の ller のところは弱く、短くなります。つまり、日本人が普通にカナカナのティラーソンというカタカナを見て発音するときのように、「ラー」が長くないんです。「ティラソン」という感じです。

最後は、カナダのニューファンドランド島です。大きな氷山が流れ着いたことが、最近話題になりました。英語でそのニュースを見ていて面白かったのが、CNNのアメリカ人のメインのキャスターが、気象担当のキャスターに対して、自分はニューファンドランドを正しく発音できないので、あなたに任せると言っていたことです。

そこで注意して聞いていたら、私には ニューフィンランド に聞こえました。つづりは Newfoundland なので、ニューファウンドランドと発音したくなりますが、少なくとも、found の部分は「ファウンド」より短く発音した方がよさそうです。フィンランドに聞こえたというと大げさと思うかもしれませんが、地元の人は、found をフィンと発音するぐらいに、大胆に短く発音しているのではないかと想像します。日本語の表記が「ファウンド」ではなく「ファンド」になっているのは、その影響だと思います。

思うに、発音できないと言ったCNNのキャスターは、本当に発音できないのではなくて、つづりと発音の違いが大きいので、心理的に受け入れにくかったのかもしれません。
 

ライブ演奏の動画

個人的に何度見てもなかなか飽きない、お気に入りのライブ演奏の動画を貼り付けていきます。

以下の2つは、アルゼンチンの Marcela Morelo という人です。同じ場所で、ほかにも何曲か演奏している動画があるようです。




次は、いったんスペイン語を離れて(最後にもどりますが)、英語の歌にします。Brandi Carlile の歌と演奏です。


次は Serena Ryder です。個性的なハスキーボイスが、なかなかいいと思います。


次は野外コンサートです。元気のいい感じが好きです。フィンランドの Indica というバンドです。


最後に、再びスペイン語に戻ります。La Quinta Estacion というバンドです。ノリノリの演奏がいいですね。


 

旧正月(lunar new year)で酉年(year of the rooster)がスタート


日本では一部の田舎の行事ぐらいにしか残っていない 旧正月lunar new year)ですが、中国やその他のアジアの国では、こっちの方が新年として盛り上がるということも多いようです。中国では、「春節」とも呼ばれます。

lunar new year は、lunar calendar旧暦太陰暦)の新年ということです。lunar calendar に対して、新暦、太陽暦は solar calendar と言います。

「中国などで春節が来て、新しい1年が始まりました」という内容のニュースを英語で聞いていたら、今年は酉年であることにも触れていました。酉年 は、year of the rooster と言っていました。rooster とは、雄鶏 のことです。

ニワトリだから chicken なのかと思ったら、year of the chicken とは言わないんですね。

rooster から連想する単語に、roost鶏小屋鳥のねぐら)があります。

roost と言えば、過去の悪い行いが後で本人にはね返ってきた状況を、chickens have come back to roost という慣用表現であらわすことがあります。 日本語に訳すなら、「自業自得」や、「身から出た錆」という感じです。

また、慣用表現というほどではないのでしょうが、昔よく聞いたルー・リード(Lou Reed)の曲の中で、spitting in the wind comes back at you twice as hard という歌詞があったのも思い出します。

鶏に限らず、家畜を入れるための「畜舎」や「囲い」という意味で使われる単語に、pen があります。筆記用具のペンと同じつづりの pen です。

A pen is a small area with a fence round it in which farm animals are kept for a short time. (コウビルド英英辞典より)


しかし、あらためてこの曲(Strawman)を聞くと、この人が今も生きていたら、トランプ大統領を真っ向から斬り捨てるような曲を書いて楽しませてくれただろうになあ・・・と思ってしまいます。
 


プロフィール

Applecheese

Author:Applecheese
外国人英語講師との会話、テレビ・映画・音楽・ネット、翻訳の仕事などで見つけた面白い英語の情報をお届けします。
Twitter

カテゴリー

最近の記事

タグ

ブログ内検索